關於部落格
  • 24514

    累積人氣

  • 2

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

女性自身

野村萬斎“狂言こそが武器”と気づいた青春時代の経験 

《中山秀征の語り合いたい人》、今回は’02年に世田谷パブリックシアターの芸術監督就任以来、「古典と現代の融合」「レパートリーの創造」を指針として掲げてきた狂言師・野村萬斎さん(49)。青春時代の経験を語った。

中山「学生時代はバスケットボールやバンドなどもやっていたんですよね?お家柄上、継がないといけないということもありながら、『エレキギターで生きていくんだ!』みたいなことはなかったんですか?」

野村「そりゃ思ってましたよ!狂言をやっているより、ロックをやっていたほうがモテるじゃないですか(笑)。僕はそこまで意識していなかったんですけど、妹は『モテたいこと、片っ端からやってたよね』と分析していましたね。サーフィンがはやったときには、すぐ手をつけましたしね。中学のときはビートルズ、高校のときはヘビーメタルをやってましたよ」

中山「ヘビーメタルは意外ですね!(笑) あまり知られていない一面ですね」

野村「そういう自分の過激さが、いろんな意味で挑戦するファイトになっている気はします。ただ、マイケル・ジャクソンのような世界一のエンターティナーを見たときに『俺の指の回らないギターではかなわない』と身の丈に気付くんです。僕が彼らに対抗できることは、やっぱり狂言なんですよね、僕が表現者として彼らの猿まねをするよりも、狂言こそが僕の武器だって気付いたんですね」

中山「17歳のときには、黒澤明監督の『乱』にも出演されていますよね?」

野村「狂言をやっていたからこそ、世界の黒澤映画に出られた。これは大きな節目でした。それまでは伝統を押し付けられていた気がしていたんです。型をまねるだけなので、表現者だという認識が持てなかったんですね。でも、僕の技能は狂言で、大志を抱けば、世界に通用する表現者になれるのだと、高校生のときに自己認識が持てたんですね」

「江戸時代までは」野村萬斎が語る“狂言”が身近になるエピソード                 

      ’02年に世田谷パブリックシアターの芸術監督就任以来、「古典と現代の融合」「レパートリーの創造」を指針として掲げてきた狂言師・野村萬斎氏(49)。彼に“狂言”が身近になるエピソードを教えてもらった。

《狂言は「このあたりの者でござる」から始まる!》

「狂言でいちばんよく使う自己紹介です。いつの時代でもどこの国でも最初にこう言うんです。狂言はどこにでもいるような人を演じるので“私はあなたと同じ者だと思ってくださいね”と始まるんです。つい先日、父(人間国宝の野村万作)はパリ公演でも言っていました。観客は皆“このあたりの者”ですからね」

《江戸時代までは即興のコントだった!》

「狂言はもともと、あらすじの展開だけ決めておいて、即興的に演じていたコントのようなものだったんです。江戸時代になって、お殿様に見せることになり、『じゃあきちんと決めておかなきゃ』と台本を作った。その台本に沿って何度も演じていったので、古典化が始まり、現代まで続いているんですね」

《狂言は中国の“ものまね芸”が発展したもの》

「中国の雑技。いわゆるサーカス的な見世物芸の中のものまね芸が発展したといわれているんですよ。当時は誰もが知っている有名人といってもあまりいないので、どこにでもいそうな人をまねしたんです。“このあたりの者“なので、そんなに着飾らなくてもいいという発想なんですよね」


「家に帰れば普通のオジサンと一緒です」                         

《中山秀征の語り合いたい人》、今回は’02年に世田谷パブリックシアターの芸術監督就任以来、「古典と現代の融合」「レパートリーの創造」を指針として掲げてきた狂言師・野村萬斎さん(49)。プライベートをたずねてみると……。

中山「何か趣味はあるんですか?」

野村「それを聞かれると、困るんですよね。普通のオジサンと一緒ですよ(笑)。家に帰って、ビールを飲んで、スポーツ番組を見て……って生活ですしね。深夜番組は好きですよ!『今はこういうのがはやってるんだ」とすぐに理解できる。最近衝撃を受けたのは、マツコ・デラックスさんのロボットのマツコロイド。現代感覚は深夜番組やバラエティ番組から得ているかもしれないですね」

中山「お笑い番組も見ます?クマムシや8.6秒バズーカーなど、リズム系がはやってますよね」

野村「数カ月前、ある舞台でクマムシの動きをちょっとだけ取り入れましたよ」

中山「早速ですね(笑)」

野村「僕、じつはコロッケさんが大好きで尊敬しているんですね。コロッケさんはネタの本質の捉え方が、ほかの芸人さんとはまったく違う。その舞台でものまねするシーンがあったので、ある歌手Aさんをまねするんじゃなく、Aさんをまねしているコロッケさんのまねをしたんですよ(笑)」

中山「ちなみにどなたを?美川憲一さん?」

野村「美川さんもやりましたね。あと、だんだんロボットになっていく五木ひろしさんをちょっとだけ(笑)。やってみると、パーツごとに動かすのは、狂言の考えにはなかったなと気付きましたね。体のパーツを分解して動きを教えると、弟子たちに教えやすいかなとか(笑)」

中山「なにも無駄にならないですねえ〜。根こそぎ身につけるんですね。今後の萬斎さんの活躍、期待しています!」










相簿設定
標籤設定
相簿狀態