關於部落格
  • 24768

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

こまつ座&世田谷パブリックシアター『藪原検校』開幕 ! !

 



こまつ座&世田谷パブリックシアター『藪原検校』 撮影:谷古宇 正彦

 

《 初日コメント 》 初日公演を終えた、現在の心境について

◆栗山 民也(演出)

井上さんの芝居に関わると、改めて井上さんの戯曲はなんと豊かで密度が濃いのだろうと実感します。無数の問いかけがこの戯曲に込められていることを感じ、それを受けることを快感に思いました。俳優や観客にとっても、これほどまでにエネルギーを使うことは滅多にないのではないでしょうか。『藪原検校』は我々に考えるヒントを与えてくれるような、今の時代に響く作品です。

◆野村 萬斎(杉の市、のちの二代目藪原検校)
栗山さんと、栗山さんの演出に馴染みの深いキャストのチームワークにより、作品のひとつひとつの構造が浮かび上がる、より進化した『藪原検校』になりました。初日とは思えない出来栄えになったのではと思いますし、私自身初演を上回る充実感を得ることができました。ぜひ多くのお客様にご覧いただきたいと思います。

◆中越 典子(お市)
井上さん作、栗山さん演出の作品への出演を熱望していましたので、それが叶った今日はとても緊張しましたが、お客様の笑い声や反応に励まされました。同時に、この戯曲の素晴らしさと難しさを改めて感じました。大きな山のようで、これから乗り越えないといけない、乗り越えないで終わったらもったいないと思っています。

◆山西 惇(語り部役の盲太夫)
ようやくこの日を迎えることができました。稽古から数えますと本日がひとつのゴールだと思うのですが、お客様の前で演じることで改めて気付くことが沢山あり、ここからがスタートなのだと、今日新たに思い直したところです。明日から更に頑張りたいと思います。

◆辻 萬長 (検校・塙保己市)
初日とは綱渡りのようなもので、どの作品でも初日を迎えるのは緊張します。今回、私は再演からの参加になりますので更にプレッシャーを感じていましたが、栗山さんの手腕に導かれて、良い初日を迎えることができました。無事、綱を渡り切れたことにホッとしています。

 

 

《 ストーリー 》
盲目で生まれた杉の市は、盗みや脅しは当たり前、ついには人を殺めてしまう。
殺し殺してまた殺し、その手を血に塗れさせ、悪の限りを尽くしながら、己の身と金の力を頼りに、盲人社会の最高位である検校にまで登りつめる。東北の地から江戸へと流れてきた少年は、運命の大きな流れに流される――。二代目藪原検校の、その悪行三昧、闇の世界の一代記。

《 公演概要 》

こまつ座&世田谷パブリックシアター『藪原検校』(やぶはらけんぎょう)
2015年2月23日(月)~3月20日(金) 世田谷パブリックシアター
【作】 井上ひさし  【演出】 栗山民也
【出演】 野村萬斎/中越典子/山西惇/大鷹明良/酒向芳/春海四方/
明星真由美/家塚敦子/山﨑薫/辻萬長/千葉伸彦(ギター奏者)

相簿設定
標籤設定
相簿狀態