關於部落格
  • 24768

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

ねりま人#100野村 万作さん

 

芸歴80年にして現役!
狂言は先入観なしで観てほしい


 ねりま人が、ついに100回目を迎えました。満を持して、人間国宝にして練馬区名誉区民である狂言師、野村万作さんの登場です! 練馬区とのご縁から伺いました。

「私の子ども時代は、戦争で田端で焼け出され、仮の住まいが椎名町にあったんです。練馬から肥と野菜を交換するお百姓さんが来ていたこともあり、練馬には愛着があるんですよ。練馬に住んで、もう40年以上になりますね。結婚を機にはじめは大泉学園に家を構え、一度文京区に移りましたが、その後、石神井公園に稽古場兼自宅を構えました」

 長男の野村萬斎さんをはじめ、4人のお子さんも、練馬で一時代を過ごしました。

「末娘の光和小学校での同級生の実家が魚屋さんで、今も自転車で買いに行きます。魚と豆腐だけは、自分で買いに行くんですよ」

 そして、練馬区との文化的なつながりができたのは、1983年、練馬文化センターのこけら落とし公演から。以来、文化センターで毎年狂言公演を開催し、2011年には名誉館長に就任されました。

「私は演劇や歌舞伎、落語も好きなので、練馬文化センターでかかるいろいろな公演を観て、感想のひとつも述べたいなと思うのですが。年とともに時間の余裕ができるかと思っていましたが…なかなかうまくいきませんね(笑)」

 御年83歳にして、引っ張りだこの現役。芸歴80年(!)の万作さんに、狂言を観るポイントを伺いました。

「先入観なしで、舞台を観るだけで十分です。『予備知識がないとわからない』なんて思わないでください。最初に解説もありますし、集中して観れば、面白さがわかると思いますよ」

「狂言は喜劇と言われますが、表面だけで笑うのでも、かといってあまり緊張して観るものでもない。“中庸”が大切です。リラックスして、よく言葉を聴いて味わう。最近のお笑い番組の『ゲラゲラ笑い』とは違う、日本の伝統的な豊かな感性を感じてください」

狂言「棒縛」の舞台より
撮影・政川慎治

長男・萬斎さん、孫・裕基さんと
三代で演じた
2014年 狂言「成上り」
撮影・政川慎治

長男・萬斎さん、孫・裕基さんと
三代で演じた
2010年 狂言「二人袴」
撮影・オクムラ写真館
 
大切なのは言葉
日本語の美しさを正しく伝えたい


「狂言は、室町時代の現代劇。そこでは、人間の長所も短所も、誰もが持つ欲望も描かれます。大名が風刺されることもあれば、家来がだらしなく描かれることもある。一方的な目線で描かれた劇じゃない。日本人が作った“人間讃歌”の劇なんです」

 万作さんを中心に公演を行うグループ「万作の会」では、区内の小学生向けに狂言のワークショップも開催しています。

「将来、日本語の美しさを感じ、美しく正確にしゃべれるようになることが大切なんです。私も20、30代の頃は学校公演に力を入れていました。先生方も熱心で、子どもたちは狂言を喜んで、いい笑い方をしてくれたなあと思い出します」

「大切なのは言葉」だと、熱弁する万作さん。朗らかななかにも、狂言への情熱がこもります。

「狂言は昔の言葉なので、今ではわかりにくいものもあります。でも感情を誇張して表現するので、感じはつかめると思います。舞台装置はありませんが、登場人物がゆっくり舞台を一周して『さてもさても、にぎやかなことじゃ』と言えば、都の風景がイメージできるでしょう? 想像力で成り立つ世界なんです」

 実演しながらわかりやすく説明してくださる万作さん。一方で、たくさんのお弟子さんを教える、師匠としての顔もお持ちです。

「弟子に『上手にやってほしい』とは思っていません。20代なら20代、30代なら30代の階段を少しずつのぼるもの。それぞれの年齢にふさわしいことを、きちっとやってくれれば、それでいい。年齢にふさわしい“質”を問うんです」

 ひと言ひと言に、芸の道を追求してきた人間の重みを感じます。

 今後の展望を伺うと、「石神井松の風文化公園で、『薪能』を実現したいですね」と意気込む万作さん。2015年4月14日、練馬文化センターで公演があるので、人間国宝・野村万作さんの狂言の世界にどっぷり浸ってみたいですね。

(平成27年2月2日)


練馬文化センターの
名誉館長就任式で
挨拶をする万作さん
(写真提供:練馬区)

練馬文化センター就任式で
展示品の説明をする様子
(写真提供:練馬区)

区立小学校でワークショップを
行うお弟子さんたち
(写真提供:
練馬区文化振興協会)

練馬文化センターのロビーに
飾られている狂言の衣装。
展示の入れ替えもあります

誠実な受け答えに
万作さんのお人柄が伺えます。
この人間性が、狂言の舞台に
自然と表れるのかもしれません

いただいたサインは
「産業・観光情報コーナー」に
飾らせていただいてます

 
相簿設定
標籤設定
相簿狀態