關於部落格
  • 24360

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

関ジャニ・安田章大、野村萬斎から刺激!「時代劇に挑戦したい」

 狂言師・野村萬斎主演の映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の初日舞台挨拶が4月29日に丸の内TOEIで開催され、萬斎をはじめ、安田章大(関ジャニ∞)、杉咲花、ちすん、金子修介監督が登壇。挑戦してみたい役を聞かれた安田が「時代劇を経験してみたい」と告白した。

本作は、“残留思念”と呼ばれる、物や場所に残った人間の記憶や感情を読み取る特殊な能力を持った男が、ピアノ教師失踪事件の謎に迫っていく姿を描くミステリー。

初の現代劇への挑戦となった萬斎だが、次に挑戦してみたい役を聞かれると「時代劇もいいけれど、現代劇をもっとやりたいですね。悪い奴とか」と告白。本作をきっかけにますます現代劇に興味をもったそう。安田は「僕は時代劇を経験したことがないので、萬斎さんとは逆になりますが、(時代劇を)経験してみたいと思います。湖の舟の上で踊ってみたい」と萬斎の過去作『のぼうの城』に触れて、萬斎と会場の笑いを誘っていた。

また、“残留思念”がテーマとなることから、「自分の思念が一番残っていると感じるものは?」との質問が飛ぶ一幕も。萬斎は「狂言をやっていますから稽古場ですかね。檜舞台の一枚一枚に、私の血と汗と涙が」と茶目っ気たっぷりにコメント。一方の安田は「マネージャーの車にメンバー全員が乗っていたときのことがスキャニングされそう」と、マネージャーが1台の車のみで、メンバー全員の送迎をしていた時代を述懐した。

さらに「一番最初の人は、現場に着くまで2時間も車に乗っていることになる。縮こまって車に乗っていました。大変やったなぁ」と続け、「そんな時期もありました。今はマネージャー車が増えてきて、ありがたい!」と喜びを噛み締めていた。

息もぴったりにトークを繰り広げた二人だが、安田は当初、萬斎について「怖いというか、近寄りがたいイメージがあった」と話す。しかし実際に撮影が進むと、そのイメージが一転したそうで、「こんなにしゃべっても大丈夫なんだと思うくらい、明るく接してくださる。ええ人なんやなぁと。そうでないとお仕事がこんなに続いていかないと思いました」と萬斎の人間力に刺激を受けたことを明かした。【取材・文/成田おり枝】
相簿設定
標籤設定
相簿狀態