關於部落格
  • 24768

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

野村萬斎に惚れ込み、人気脚本家・古沢良太が書き下ろした謎解きミステリー!

 数々の時代劇で鮮烈なキャラクターを演じ、幅広い世代に絶大な支持を受ける唯一無二の狂言師・野村萬斎を主演に、今や稀代のヒットメーカーとなった脚本家・古沢良太が書き下ろした、予測不能謎解きミステリー映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』がいよいよ4月29日(祝・金)に公開となる。

“絶対的強度”を持つ稀有な存在=野村萬斎

本作は、近年の邦画では珍しい“完全オリジナル”のエンターテイメント作品で、企画は映画『探偵はBARにいる』シリーズでも脚本の古沢良太とタッグを組んだ東映の須藤泰司。
「どうしたら映画が他の娯楽を出し抜けるか?それには、面白い“オリジナル映画”を作るしかない。なぜならそれが最初に体験出来るのは“映画館”しかないから。ただ、オリジナルである分、知名度のハンディがあり、スタッフ、キャスト、とりわけ主役にはそのハンディを吹き飛ばす強度が必要」
と語る須藤が、オリジナルのハンディに耐えうる“絶対的強度”を持つ稀有な存在として注目していたのが狂言師=野村萬斎。偶然にも脚本家の古沢は萬斎の大ファンでもあったため、萬斎が出演を快諾してくれたことによって一気にプロット作りが進み始めた。
古沢は「萬斎さんは普通の俳優と全く違うオーラ、佇まいがある方なので、彼じゃないとできない芝居、役があるだろうと思っていました。最初はピカレスク的な大犯罪者をやってもらうなど、いろいろなアイディアが出る中、結果新しいヒーロー像がいいなと」と脚本に込めた思いを明かしており、完成した作品を観て「陰のキャラクターをやっているんだけど、全体的に押し出すパワーがある」と萬斎の力強い演技に圧倒された。

萬斎本人は、「胸を張って生きていない人間は、僕にとっては挑戦でした。猫背になって歩くのも、腹から声を出さずにぼそぼそ喋るのも、私にとってはハードルが高かったんですが、最後は仙石になれたかなと思っております」とコメント。

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は、いよいよ4月29日(祝・金)に公開。


相簿設定
標籤設定
相簿狀態