關於部落格
  • 24768

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

野村萬斎と市川猿之助、映画で初共演! 2大スターに華道家元も全面協力

 狂言師の野村萬斎(50)と歌舞伎俳優の市川猿之助(40)が、戦国時代に生きた、華道の初代池坊専好を主人公にした映画「花戦さ」(来年公開)で初共演することが5日、分かった。配給の東映は海外映画祭を含め国外にもアプローチしていく計画。日本の伝統芸能を担う2大スターに華道家元池坊も全面協力し、オールジャパンで国内のみならず世界に「イケノボウ」の名を発信していく。

 「花戦さ」は、圧政で人々を苦しめる豊臣秀吉に、力ではなく花の美しさで戦いを挑んだ花僧・池坊専好の物語。華道の天才ながら常識を超えた発想を持つ“変人”で、萬斎の新たな当たり役となりそうだ。

 対峙(たいじ)する秀吉役の猿之助とは初共演。狂言と歌舞伎のスターが手を組むのみならず、華道家元池坊と2年前から交渉し、クライマックスで専好が秀吉に突きつける幅10メートルもの大作など、130作品の生け花が映画を彩る。専好の親友で茶人の千利休を佐藤浩市(55)が演じ、茶道を含めた日本の伝統文化を玉手箱のように詰め込んだ。

 東映は「重厚な時代劇」ではなく「ユーモラスな娯楽作」として世界展開を計画中。海外映画祭も含め、関係者は「ブームを外国の方から作ってもらえるような“池坊”ではなく“イケノボウ”という現代的なアプローチをしたい」とプランを練る。京都・太秦を中心に10日にクランクインし、二条城や西本願寺など歴史ある建造物での撮影も予定。役者に文化、舞台と文字通りのオールジャパンを集結させる。

 現在、生け花の所作の稽古に励む萬斎は「伝統を受け継ぐだけではなく、常に時代の空気を感じながら“その時々の美しさ”を追求する。その姿勢は、狂言の世界と相通ずるものがあると思っています」と共感も口に。製作費5億円以上、公開規模は約300館と、日本の魅力が詰まった大作となりそうだ。

原址      


野村萬斎が主演を務める「花戦さ」の製作が決定。共演には市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市が起用されたことがわかった。

鬼塚忠の小説を実写映画化した「花戦さ」は、戦乱で荒れ果てた京の都が舞台の時代劇エンタテインメント。花を生けることで人々の心を救う花僧・池坊専好が、刃ではなく花を手に取り、時の最高権力者・豊臣秀吉へ戦いを挑むさまを描く。専好役を萬斎が、秀吉役を猿之助が演じる。そして専好とともに美を追い求めた茶人・千利休には佐藤が、織田信長には中井が、そして前田利家には佐々木がそれぞれ扮する。

4月10日のクランクインを前に、萬斎は「池坊専好は、戦乱の時代の中で、花で世に語りかけ、花と共に生きた人。命あるものに更なる命を吹き込む、純粋(ピュア)な存在として演じたいと思っております」とコメントを寄せた。なお本作でメガホンを取るのは「月とキャベツ」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄。脚本は「ごちそうさん」「天皇の料理番」の森下佳子が、音楽はスタジオジブリ作品で知られる久石譲が担当する。

「花戦さ」は5月下旬のクランクアップを予定している。2017年に全国ロードショー。

野村萬斎 コメント

池坊専好は、戦乱の時代の中で、花で世に語りかけ、花と共に生きた人。
命あるものに更なる命を吹き込む、純粋(ピュア)な存在として演じたいと思っております。

二度にわたる生け花の所作の稽古では、花鋏の使い方など華道の基本はもとより、ためる(枝などを曲げた状態にする)、葉の形を変える等の細かい技術や、力技を必要とする男性的な大作に至るまで、幅広く教わりました。
生け花特有の所作に、私なりの動きを活かせればと思います。

専好は華道において“中興の祖”とも言われていますが、伝統を受け継ぐだけではなく、常に時代の空気を感じながら、“その時々の花の美しさ”を追求する。
その姿勢は世阿弥も言っていることであり、我々の狂言の世界と相通ずるものがあると思っております。



相簿設定
標籤設定
相簿狀態