關於部落格
  • 24514

    累積人氣

  • 2

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

“ヘンな人”狂言師野村萬斎の新しい顔が見られる?!『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』完成披露舞台挨拶

 

これまで、陰陽師役やうつけの殿様役など時代劇ではその実力を発揮してきた狂言師野村萬斎が、現代劇に初挑戦。今作は、原作がないオリジナルの映画として、『デート~恋とはどんなものかしら~』や『リーガルハイ』などを手がける人気脚本家・古沢良太の書き下ろし作品となっている。キャストは野村萬斎演じる元芸人仙石和彦の元相方丸山に雨上がり決死隊の宮迫博之、事件を追う熱血刑事に関ジャニ∞の安田章大、他にも杉咲花、木村文乃、ちすん、梶原善、風間杜夫、高畑淳子とそうそうたる俳優陣が揃っている話題作だ。

3月27日東京・銀座の丸の内TOEIにて完成披露舞台挨拶が行われた。

高さ約3メートルにもなる超巨大“スキャナー”ハンドが中央にかざられた舞台に、主演の野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ちすん、高畑淳子の俳優陣に加え、脚本の古沢良太、監督の金子修介が登壇した。



仙石和彦役主演の野村萬斎より挨拶
野村:今日はようこそお越しいただきました。今日はね、面白いものを見ていただけますよ!オリジナルに書き下ろしていただいた作品です。息もつかないストーリー展開。ここにいる(キャストの)いろんな方たちのいろんな人間模様が見られると思います。観終わった後はぜひ「よかった」とつぶやいていただければ幸いに存じます。今日はゆっくり楽しんでいってください!

仙石が組んでいた漫才コンビ、マーティーズの元相方丸山竜司役の宮迫博之より
宮迫:はい、宮迫~です!(と、挨拶ネタを披露会場より歓声が沸く)そうですね、全員が関ジャニのファンじゃないことを祈ります。(会場爆笑)ほとんどそうなんでしょうけど!まだみなさん見てないので、オチは言わないですけど、最後までオチを知っているはずなのに観ていて「やっぱしそうやったんや!」となるような、いい意味で情緒がこうなる(アップダウンする)作品なので、是非楽しんでください。よろしくお願いします。

事件捜査に闘志を燃やす熱血刑事佐々部悟役、安田章大より
安田:はいどうも、(宮迫の挨拶のモノマネで)安田です!(会場から悲鳴にも似た歓声に宮迫が「なんやのん!本家よりキャーいわれてるやん!!」とヤキモチが)皆さんありがとうございます。作品自体ハラハラドキドキとすることが連続で続いていく物語となっています。僕が多く喋るよりも早く映画を観ていただきたいので、ここらへんで引かさせていただきます。観て下さい!よろしくお願いします!

仙石に事件の解明を依頼する女子高生秋山亜美役の杉咲花より
杉崎:(こちらも宮迫のモノマネで)杉崎花です!(会場からはカワイイ!の声が)今日は来ていただいてありがとうございます。皆様にこの映画を観ていただいて、どういう風に思っていただけるのか、とても楽しみです。最後まで楽しんでいってください。

亜美のピアノの先生沢村雪絵役の木村文乃より
木村:(宮迫のモノマネを)やらないですよ!やらないですよ!(宮迫「やらんでいいやらんでいい」と)ありがとうございます!今日は(時間が)ゆっくりめですよね?今日は天気も晴れていたし、遠方からの方もいらっしゃると思うんですけど、東京を楽しんでもらって、この映画でしめてもらおうという、きっととってもいい日になると思うので、是非楽しんでいってもらえたらと思います。よろしくお願いします。

雪絵の同僚の音楽教師伊藤忍役のちすんより
ちすん:こんにちは~!客席がギッシリで興奮して緊張していますけど、これから映画観ていただくので、とっても嬉しく思っています。最後まで楽しんでください。

マーティーズの所属していた芸能事務所の女社長峠久美子役の高畑淳子より
高畑:(宮迫のモノマネで)高畑です!(「やらんでいいわ!」と宮迫よりつっこみが)映画と言うのは、撮った向こうにこうやって見る人が居るんだなって思いますね。撮った時はちょっとわからないんですよね。今日お披露目できます。この映画は何度観ても新しい発見が有ると思います。記憶って面白いなっていう映画になっていると思います。是非是非何度もご覧下さい。何度か見るうちに、芸能事務所の裏の方に50年くらい前の私の若い写真があると思います。それをお楽しみください。よろしくお願いします。

監督の金子修介監督より
金子:これだけ素敵なキャストに恵まれて作りました。もしつまらなかったら全て私の責任です!!(会場笑)そして、面白かったら皆さん(キャスト)のお陰です!!今日は最後までごゆっくりお楽しみください。よろしくお願いします。

オリジナルの脚本を書き上げた脚本家古沢良太より
古沢:沢山お越しくださってありがとうございます。オリジナル映画が作られない昨今人気小説でもない、人気漫画でもない、海のものとも山のものともつかない脚本をこんなに素晴らしい贅沢なキャストと監督以下スタッフで作っていただいて本当に万感の思いです。面白くなかったら僕の責任です。コレは譲らないつもりですので、是非楽しんでください。今日はありがとうございました。

― 古沢さんに質問です。記憶をテーマに野村萬斎さんをイメージして脚本を執筆したとの事ですが、どのように執筆されたのでしょう?
古沢:元々野村萬斎さんで何か作りませんか?と言うお話がありまして、大ファンだったので飛びついたのですが、かねがねヘンな人なんじゃないかと思っていたものですから(会場笑)実際お会いしたら想像以上にヘンな人だったので、ヘンな主人公にしようと、萬斎さんと言う人がいかにヘンな人かを全国の方に知っていただかないといけないと思いまして、その一念で頑張って書きました。

― ヘンな人といわれてましたが、萬斎さん、ユニークな仙石を演じていかがでしたか?
野村:宛て書きしていただいたんですけどね、お笑い芸人、しかもお笑い芸人のプロとお笑い芸人をさせていただいて、これも思い出になるのではないかと思うし、楽しみにしてもらいたいと思います。引き篭りの役で、僕は子供の頃から腰を入れて立ったりしてたので、猫背で小声でコショコショ喋るのは新鮮でした。

― 雪絵との恋愛とも取れるシーンもありましたが
野村:幸せでしたね、狂言は男しか居ないものですから、女優さんと共演できるのは楽しみでしてね、今回はありがとうございました。

― 狂言師野村萬斎さんと共演されていかがでしたか?
宮迫:そうですね・・・やっぱりヘンな方ですね。(会場笑)狂言師の方とお仕事するのも、初対面でしたから、お堅い方なのかと思ったら、僕よりもおしゃべりしますし、「漫才師役やるんだ。ちなみに僕マンサイ」とか、ビックリするこというから、え?こんな人なんだと思ったり。ただ、ボソボソする喋り方なんですけど、やっぱり3歳からなさってますから、途中で言い合いになるところで「おまえは~!」とすごいいい声になっちゃって、監督に「それ押えて下さい」ってそんなこと注意されている人おんねや!と思いながらやらせていただきました。と会場は大爆笑。

安田:初めてお会いしたときはクランクインのときやったんですけど、メイクされていて、最初めっちゃコワいんやろうな、と心構えしていったんですけど、メイク中だったせいか、本当に怖いんやないか?と思う程度の挨拶で、でも、帰る頃にはフランクに返して下さったので、何度目からには「めっちゃ優しいんやん!」って気付いてからはお話させていただくようになりました。

― こんな風にいってますが?
野村:まぁ、大体そういう風に思われるんですよ。それをどうやって崩していくかというところから入って生きたいなって思っていますが・・・それにしても両サイドからもの凄い関西風(会場爆笑)挟み撃ちでたじたじです(笑)

― マーティーズという漫才コンビを組んでいる役でしたが、コンビ感はいかがでしたか?
高畑:売れるのは難しいだろうなって思うような、水と油と言うような両翼な二人を良く組ませたなと言う感じでしたね。漫才みたいですよね?今いかがですか??
宮迫:いやいやいや、今はムリ。急にはムリ!
高畑:絶妙のキャスティングだと思いますよ。超売れっ子のお笑いをやっている宮迫さんがお笑い芸人をやって、萬斎さんと組むって言う。これぞ東映マジックって言うんですか?(笑)
金子監督:全然違和感なく、何年もコンビ組んでいるように感じましたね。宮迫さんのお笑いのステージで鍛えたタレントが萬斎さんの狂言師としての実力を引き出す、その間を上手く捉えるというか、とてもいいコンビだと思いましたよ。



最後に野村萬斎よりメッセージ
今日は本当にご挨拶にお付合いいただいてありがとうございました。古沢さん、監督がおっしゃるように、本当に素晴らしいキャストでスタッフで一丸となって作りました。選ばれているのはそれぞれのキャストの演じた役というのは自分の個性を持っていたり、人生を抱えて生きている人が、お笑いもやるし、面白いこともあるし、サスペンスもあり、多少のロマンスもありということです。そして自分と社会とどう向き合うのかというのも、このお話のオモロイところもありつつもコワーイところもあってそういうところが見られる厚みのある作品だと思います。何度か観ると、社長の机のちょっと脇に小さい写真があるかも知れません。どうぞ、2度3度と吹聴していただいて、色んな方を誘っていただてご覧になっていただきたいと思います。今日はありがとうございました。

キャストが登壇している中終始笑が耐えない舞台挨拶となった。斬新なストーリーに乗せて今まで見たことのない新しい野村萬斎が見られるのがとても楽しみな作品となっている。

<ストーリー>
残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読み取ることができる特殊能力を持った男・仙石和彦。かつて、その能力を使いマイティーズというコンビで日本中を湧かせたこともあったが、その能力の代償に精神をすり減らし、コンビも解散、以来、マンションの管理人として人目を避けた生活を送るように…。一方、相方のマイティ丸山もピン芸人になるものの、鳴かず飛ばずでクビ寸前の状態。

そんな時に秋山亜美という一人の女子高生が仕事の依頼で丸山の所属する芸能事務所・峠プロダクションを訪れる。その依頼とは解散したマイティーズに、行方不明となったある女性を探して欲しいというもの。この仕事を機にマイティーズ復活を目論む社長の久美子は、仙石に事件の捜査を手伝わせるよう丸山に命じる。

クビになるのを避けるため、しぶしぶ亜美と共に仙石のマンションを訪れる丸山だが、10年ぶりに出会った仙石は外の世界と関わるのを頑なに拒否をする。そんな中、無理矢理、部屋に押し入る丸山と亜美。仙石に行方不明の女性の持ち物から残留思念を読み取るように迫るものの、能力は失われたと仙石は二人に冷たく言い放つのだった。
二人が諦めてマンションを去った後、一人、黙々と部屋の片付けをする仙石。
すると、突然、見たことのないビジョンが浮かぶのだった!!
「うあああああ!」 ハッとし、手を離す。転がり落ちる見覚えのない爪やすり…。
仙石の叫び声と共に、新たなコンビが開けた扉は、誰しもが予想だにしない事件の入り口だった。

<キャスト・スタッフ>
【出演】野村萬斎 宮迫博之
安田章大 杉咲 花・木村文乃・ちすん 梶原 善
福本愛菜 岩田さゆり 北島美香 峯村リエ 嶋田久作
風間杜夫 高畑淳子
【脚本】古沢良太
【監督】金子修介
公式サイト:http://www.scanner-movie.jp/



相簿設定
標籤設定
相簿狀態