關於部落格
  • 24587

    累積人氣

  • 4

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

狂言師・野村萬斎が現代劇初出演!

 『探偵はBARにいる』シリーズ、『リーガル・ハイ』シリーズなど、今や稀代のヒットメーカーとなった人気脚本家・古沢良太が書き下ろした、予測不能な異色の謎解きミステリー。

主演は、『陰陽師』や『のぼうの城』など数々の時代劇で、鮮烈なキャラクターを演じ、
幅広い世代に絶大な支持を受け続ける唯一無二の狂言師・野村萬斎。
本作では、初めて“平成の男”に挑み、残留思念<物や場所に残った人間の記憶や感情など>を
読むことができる超能力者で、人間嫌いの超ネガティブ男・仙石和彦を熱演しております。
そして、かつてマイティーズとして仙石とお笑いコンビを組んでいた丸山竜司を演じるのは、
“雨上がり決死隊”の宮迫博之。初共演ながら、まるで円熟コンビのような絶妙な掛け合いを披露しております。

■WEB版ポスタービジュアル解禁!!その探偵は自らの“手”で謎を解く。

ビジュアルでは、特殊能力を持つ仙石(野村萬斎)とその相棒・丸山(宮迫博之)の姿を捉えています。
こちらに向かってかざしている、“手”は力が宿っているようなオーラをまとい、残留思念を読み取る特殊能力=“スキャニング”によって、仙石がどのような活躍を見せるのか、
想像をかきたてられます。
また、事件の依頼人(杉咲)、謎の失踪者(木村)、失踪者の同僚(ちすん)、事件を追う刑事(風間)、丸山の事務所社長(高畑)らのそろぞれの想いを抱いた表情が、記憶のカケラのように散りばめられ、古沢良太によって描かれた人間ドラマにも期待を抱かせています。

■ストーリー
元・お笑い芸人の異色の新コンビが、モノに宿る想いを大切に読み解く!!
残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読み取ることができる
特殊能力を持った男・仙石和彦(野村萬斎)。かつて、その能力を使いマイティーズというコンビで
日本中を湧かせたが、その能力の代償に精神をすり減らし、コンビ解散。以来、マンションの
管理人として人目を避けた生活を送るように・・・。一方、相方の丸山竜司(宮迫博之)も
マイティ丸山としてピン芸人になるものの、鳴かず飛ばずでクビ寸前の状態。
そんな時に秋山亜美(杉咲 花)という一人の女子高生が仕事の依頼で丸山の所属する
芸能事務所・峠プロダクションを訪れる。その依頼とは解散したマイティーズに、行方不明となった
ピアノ教師・沢村雪絵(木村文乃)を探して欲しいというもの。この仕事を機にマイティーズ復活を
目論む社長の久美子(高畑淳子)は、仙石に事件の捜査を手伝わせるよう丸山に命じる。
クビになるのを避けるため、しぶしぶ亜美と共に仙石のマンションを訪れる丸山だが、
10年ぶりに出会った仙石は外の世界と関わるのを頑なに拒否をする。そんな中、無理矢理、
部屋に押し入る丸山と亜美。仙石に行方不明の雪絵の持ち物から残留思念を読み取るように迫るものの、
能力は失われたと仙石は二人に冷たく言い放つのだった。
二人が諦めてマンションを去った後、一人、黙々と部屋の片付けをする仙石。
すると、突然、見たことのないビジョンが浮かぶのだった!!
「うあああああ!」
ハッとし、手を離す。転がり落ちる見覚えのない爪やすり・・・。
思念の中で、現れた沢村雪絵は、美しく、どこか謎めていた。
その姿が頭から離れなくってしまった仙石は、とうとう丸山、亜美と共に雪絵の行方捜しを始める。
雪絵の立ち寄った場所で手をかざし、集中する仙石。
「迫るトラック!轢き逃げ!?子供が生まれたばかりなのに!しかも、四匹!?」
時に道で車に轢かれた親猫の思念を読み取ってしまうなど久しぶりに使う能力に悪戦苦闘・・・。
そんな中、なんとか読み取った雪絵の思念は、仙石たちだけではどうしようもないものを示すのだった。
そこで、警察の力を使おうと考え、読み取った思念を手紙にしたため送る三人。
が、まさかの仙石と丸山が連行されしまうことに!!思念を読み取ったという二人の話に、
刑事たちは疑惑の目を向けるのだった。そんな中で、若手刑事の佐々部悟(安田章大)だけは、
唯一、その能力に興味を示し、事件解決のために、上司の野田直哉(風間杜夫)に内緒で、
仙石たちに力を貸すこととなる。
雪絵の残した思念を必死に読み取り続け、その行方を追う仙石たち。
果たして雪絵はどこに?そして、仙石が読み取った思念が導くものとは?
新たなコンビが開けた扉は、誰しもが予想だにしない事件の入り口だった。

本予告では、主人公・仙石(野村萬斎)が特殊能力=“スキャニング”で思念を読み取る姿が映されており、「あなたの力で見つけてほしいんです」と依頼人の少女の一言によって、仙石と相棒・丸山(宮迫博之)はピアノ教師失踪事件を捜査することに。仙石が自転車のサドルを舐めますようにスキャニングしている姿に、丸山は「やっていることはただの変態にしか見えないな」と冷やかしながらも、事件の手掛かりを探していく様子が描かれています。
「犯人の記憶を拾えるかもしれない」と仙石が自らの“手”で事件捜査に乗り出していく中、浮かびあがる犯人“もう一人の女”。果たして、その女は誰なのか?
記憶の交錯の中で、解いてはいけない謎、そして誰もが予測できない衝撃の結末へと迫っていきます!
今までにない異色の謎解きミステリーが、今、幕を開けます…!

映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』
野村萬斎 宮迫博之
安田章大 杉咲 花 木村文乃 ちすん 梶原 善
福本愛菜 岩田さゆり 北島美香 峯村リエ 嶋田久作
風間杜夫 高畑淳子
脚本:古沢良太
音楽:池 頼広
監督:金子修介
配給:東映

4月29日(金)全国ロードショー

公式ページ
http://www.scanner-movie.jp

相簿設定
標籤設定
相簿狀態