關於部落格
  • 24768

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

変態っぽい野村萬斎!?GW注目作の現場をレポート

 現場に残された物や場所に残った人間の記憶や感情など“残留思念”を読み取り、ある事件の行方を追うコンビの活躍を描くミステリー『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』(16年GW公開)。『ALWAYS 三丁目の夕日』(05)などを手掛けた古沢良太が書き下ろした脚本を、『デスノート』『デスノート the Last name』(ともに06)の金子修介監督が映画化する。

主人公コンビの一人は仙石和彦。元芸人で人間嫌い、そして残留思念を読み取れる特殊能力を持っているこの仙石を演じるのは、現代劇に初挑戦となった狂言師・野村萬斎。仙石の相方となるのは、マイティ丸山。かつて仙石とお笑いコンビを組み、いまは売れないピン芸人の彼を、お笑いコンビ・雨上がり決死隊としても活躍するほか役者としても評価の高い宮迫博之が演じる。

そんな仙石と丸山のコンビに、行方不明になっている女性を探してほしいと依頼する秋山亜美に扮するのは若手注目女優の杉咲花。仙石と丸山、そして亜美が行方不明事件の謎を追い、たどりついた学校で仙石が残留思念を“スキャン”するシーンの撮影現場を訪ねた。

この日は、30度を超える炎天下での撮影。仙石は女子高生に囲まれているなか、残留思念を読み解くため、自転車のサドルに顔を近づけて、優しく触る。なにも知らない人からすれば異様な光景に、相方のマイティ丸山がするどく突っ込み、亜美はそれをじっと見つめている…。

こんな変態っぽい演出を、一発OKで演じ切ったことはもちろん、仙石というキャラクター上、コートを着ての演技となった野村の役者魂に感服。セミの鳴き声が現場に響き渡るなか、集中力を切らすことなく見事、仙石になり切っていた。

金子監督は野村&宮迫の掛け合いについて、「映画育ちの俳優さんというわけではないけど、みんなはまっている。スター同士が競演するダイナミズムがあります」とベタ褒め。杉咲についても「力いっぱい演じてくれていて、この映画にピッタリ」と賛辞を送った。

この後、クランクアップを迎えた本作。野村は「無事完走できて本当に良かったです。暑い季節の中で、厚着をするという過酷な役でした(笑)。初の現代劇で初挑戦のことばかり。猫背になって歩くのも、腹から声を出さずにぼそぼそしゃべるのも、私にとってはハードルが高かったんですが、最後は仙石になれたかなと思っております」と充実感を明かした。

また、「撮影初日に『自分の中で、不安感を持続したいと思っている』と言いましたが、いい意味で持続できたかなと思います。胸を張って生きていない人間は、僕にとっては挑戦でした」とも振り返っている。

一方、野村より先にクランクアップを迎えた宮迫は、「お笑い芸人の役ということでナチュラルに、自然体で最後までやれました。撮影の合間も共演者の方々と楽しく過ごせましたし、やりがいのある有意義な現場でした」と話した。

野村、宮迫、杉咲のほか、関ジャニ∞の安田章大や木村文乃も出演する本作。来年GWの公開がいまから楽しみだ。【取材・文/Movie Walker】
原址

映画『スキャナー』撮影現場に潜入 野村萬斎&杉咲花らの魅力を監督が語る



狂言師・野村萬斎主演による新作映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』(監督:金子修介)の現場取材会が埼玉県内で実施された。撮影の合間に金子監督が囲み取材に応じ、撮影状況や俳優陣の所感、作品のコンセプトなどを語った。

 本作は、かつてマイティーズという芸人コンビで人気を博したものの、現在は解散しマンションの管理人をしている、残留思念を読み取れる特殊能力を持った男・仙石和彦(野村萬斎)と、元相方のマイティ丸山(宮迫博之)のもとに、女子高生・秋山亜美杉咲花)が行方不明の女性・雪絵(木村文乃)の捜索を依頼したことがきっかけで展開するサスペンスストーリー。

 本作の原案を読んだ時の感想を「SFだけどそう思わせない、かつ難しくない娯楽映画だと思いました」と振り返る金子監督。一方で制作に関しては「思念を読む、記憶のカケラを読むというところが難しい。普通の回想でも、本当の記憶でもないし」と、留意したポイントを語る。また課題としていたのが、マイティーズのイメージ。「仙石をどうネタにしたのか?…と。でも実際の演技の中で、『こんな感じかな』と見えてきました」と明かし、萬斎と宮迫のコンビネタは、2人の芝居を見て決めていったという。

 この日は、丸山、秋山と共に仙石が行方不明になった雪絵を探すべく、学校で雪絵の自転車から残留思念を読み取ろうとするシーンが撮影された。すでに半分以上の撮影を消化していたということもあり、当日の撮影はスムーズに進行。金子監督自身も「それほどやり直しもなく楽しく撮りました。みんなキャラクターを理解し、芝居もしっかりしてくれたし」と快調な進行状況に満足している様子。

 リラックスした撮影現場の中でも、芝居となると高い集中力を見せていた萬斎は、「初の現代劇で初挑戦のことばかり。猫背で歩くのも、腹から声を出さずにぼそぼそしゃべるのも、ハードルが高かった」と、撮影当初は不安もあったと明かす。だが金子監督は、そんな萬斎に「いろんなものを見て勉強もされているし、演出もされているから『何を求められているか』をよく分かっています」と、監督も絶大な信頼を寄せる。 また、ストーリーのカギを握る仙石、秋山という2人の間で、つなぎの役割を果たす丸山を演じる宮迫は、同作での役柄に「お笑い芸人の役ということでナチュラルに、自然体でやれました」と語る。
撮影以外の場でも気さくに共演者とやり取りをし、現場進行のパイプ役にもなっていた宮迫と、萬斎の共演には「まるでもともとチームだったみたい。考えなんかは全く違うけど、ぶつかり合ってできたものは面白いと思う」と、手ごたえを感じたようだ。

 今回ヒロインの秋山役を担当した杉咲花も、全力投球で撮影に挑戦。アイドル映画なども多く手がけている金子監督は、その遍歴の目より「かわいいけど、それだけでは無い深みがある。今まで見たことのない子じゃないかな。でも子供みたいに元気で力いっぱい、この映画にはピッタリ」と、杉咲の印象を語る。

 また、この日は撮影されなかったが、雪絵と仙石の絡みは見どころの一つ。2人の間に展開するラブストーリー的な要素の中に込められた真意を、金子監督は「彼女の言葉で、仙石は導かれてきますが、この物語ではそんな特殊能力者を描きながら、実はそこに一般的な人間の生き方を語っているとも思います。決して遠い物語ではない」と話す。さらに、「基本はロマンチシズム。それが子供のリリカルな世界から、大人の世界まで、いろんな側面から語られている。自分の演出の集大成的なところでもあります」と、アピールした。映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は、2016年GWに全国公開。


            

相簿設定
標籤設定
相簿狀態